【窓装飾プランナー  用語集】 後染め 先染め

スタッフブログ

染色には、糸の段階かそれ以前に染色する先染めと、布状に織った後に染色する後染めがあります。

先染めには、合成繊維が原液の状態のときに着色する原液着色、短繊維を繊維にするまえの原料段階で着色する原料染め、繊維が糸になる前の繊維束の状態で染めるトップ染め、糸の段階で染める糸染めがなどがあります。

また、後染めには布になった段階で染める布染め、製品になってから染める製品染めがあります。

先染めの生地は染料を後染めより多く用いて、かつ緻密に織りあげていく為、価格的に高い生地が多いです。
後染めは、無地の生地が一種類あれば、その時の流行の色や柄を布に染め上げたりプリントしたり出来ますので自由度が高く、同じ図柄での多色展開なども多くあります。

私の意見いたしましては、先染めだから良し、後染めだから良し、というよりもお客様に気にっていただければどちらでも良しと思っております。
ですが、生地をご覧いただく際には、【先染め】【後染め】を意識しながらご覧いただくのも楽しいです。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

立川店

お問い合わせ

カーテンに関するお問い合わせ・来店予約はこちら