【窓装飾プランナー  用語集】アセテート

スタッフブログ

アセテートとは、パルプを主原料として酢酸を化学的に作用させた繊維。植物性繊維の性質と合成繊維の性質を併せ持つ事から半合成繊維と呼ばれる。大半がフィラメント。絹糸に似た光沢を持つ点が長所だが、レーヨンより張力が弱い、防炎加工処理ができない、染色堅ろう度が低いという短所があるため、カーテンにはほとんど使用されなくなっている。

と窓装飾プランナーの参考書には記載されています。
まず、パルプとは紙等を作る時にも使われる植物繊維でございます。そして酢酸とは酢にも少し入っているスッパイ液体でございます。それらを化学的に作用した繊維がアセテートでございます。
つまりは、ツヤっとしてプリーツのきいた女性物のフォーマルなワンピースとかに使われている感じの生地でございます。

近年では、あまりカーテンに使用されることの少ない生地でございます。


本年も多くのお客様がカーテン・アイにご来店いただきまして、誠にありがとうございました。
来年もまた、沢山のお客様のご来店をお待ちしております。

立川店 

お問い合わせ

カーテンに関するお問い合わせ・来店予約はこちら