【窓装飾プランナー 用語集】塩化ビニル樹脂系壁紙

スタッフブログ

塩化ビニル樹脂系壁紙は塩化ビニル樹脂(PVC)を主素材とするもので、もっとも普及している壁紙です。 量産品から特殊印刷の高級品まで種類も多く、色柄も豊富です。塩化ビニル樹脂は、難燃性、耐久性、耐薬品性に優れており、柔らかいものから硬いものまで製造する事ができ、加工性にも富みます。

[塩化ビニル樹脂系壁紙の特徴]
・色、デザインともに豊富な商品群があり、さまざまなニーズに対応出来る
・生産性が高く、使いやすい価格帯のものがそろう
・施工しやすい上に仕上がりも美しく、メンテナンス性もよい
・模様替えが短期間で簡単に、かつ経済的に行える
・機能性商品が多くそろい、安定性も高い
・防火製品が多く、内装制限が適用される建築物にも安心して使用出来る

お問い合わせ

カーテンに関するお問い合わせ・来店予約はこちら