【窓装飾プランナー  用語集】 裏地

スタッフブログ

ドレープカーテンに裏地をつける目的は大きく分けて3つです。

1つ目は審美性の向上です。質の高いカーテンに裏地を付けると、さらに高級感が増して魅力的です。ドレープが美しく出る効果もあります。

2つ目は耐久性の向上です。裏地をつけると日焼けによる生地の劣化を防ぎ、より長く美しさを保つことが出来ます。

3つ目は保温性の向上です。2枚の生地の間に空気の層ができ、断熱効果が高まります。

なお、薄手のプリント生地などに裏地を付ける場合は、透けて見えたりと表地に干渉する場合があるので注意です。

お問い合わせ

カーテンに関するお問い合わせ・来店予約はこちら